チラシの裏

落書き帳兼メモ帳 雑多なゴミを処理する場所

MMInfキャラ設定メモ(松本龍次)

(デザインは後日掲載予定)

プロフィール

  • 戸籍上の名称は松本龍次だが、イタリア人の血を僅かに残しており(4親等?)、非公式だがアルベルト*1(Albert)のミドルネームを名乗る
  • 照宮電子初代社長兼創業者
  • 作中では既に死んでる
  • 性格は技術と知識を持った小学生 たまに厨二病的発想で変な物作ってた(死後はAIの性質上ひらめきを実装出来なかった)
  • ただし一度仕事モードになると世界最高峰の実力を発揮する
  • 身長・体重等に関してはサイバーエルフをインストールするフレーム次第なので実質可変
  • 基本的に白衣を着ているが、これは身の潔白を表すと同時に研究者としての誇りがあるから
  • 死ぬ間際に自身の機械に対する知識を集約した書物を照宮に残している(通称:機械神の遺産)
    • この本の内容の大半を把握したのが子孫の松本汐里

設定

  • 自キャラのデザインを調整して使用
  • 大学院時代に飛び級と言う名の追放を喰らったレベルの研究者
  • 基本的に機械の事なら大抵分かる 専門はセキュリティ
  • 作中では身代わり人形ドッペルゲンガーにサイバーエルフを搭載した形で登場
    • 死んだ時点ではサイバーエルフは未完成の状態であったが鳳が完成させた
    • 生前に得た膨大な知識量から作中時代ではコンピュータ辞典として使われている
    • 外見は25歳の時の物 一応他の年齢の物もあったが唯一残ったフレームがこれだけ
    • 本体がサイバーエルフのためフレームとなる身代わり人形を抜け出し別のフレームに入る事も可能
    • 但し照宮の社内用サーバーと密接に関係しているため照宮の外に出ようとすると社員用VPNが必要
    • 照宮の業務用データベースにアクセスする事が出来る為、基本業務はAIによるデバッグと対話用プログラムを仲介した社員との相談が主
      • この世界の高性能アンドロイドの作りとしてフレームだけで処理せずサーバーにも処理を投げる機構は搭載されている
      • フレームの機能を停止させれば4つのプログラムのデバッグを1つのAIで並行処理出来る*2
    • データ内に嫁のサイバーエルフも内包しており、(引数を指定しないと呼び出せないが)1つのサイバーエルフに二人分の人格が内包されている
      • ただし嫁のデータは研究途中で組み込まれたため、嫁の記憶と龍次の意識から構成されているので嫁本人の性格とは若干違う
  • 学歴は地元の小中学校→上宮高校大阪工業大学情報科学部情報システム学科大阪大学大学院情報科学研究科(前述の通り飛び級で博士号持ってる)
    • なおこの設定は一切出さない
  • 照宮を立ち上げる前は岡本電機に務めていたが上司と噛み合わず1年で退職
    • その後30年くらい後に岡本電機を買収した

小ネタ

  • 名前自体の案は結構古くからあった

*1:英語読みでアルバート

*2:専用プログラムはもっと多くの数を並行処理出来るがそもそもサイバーエルフなので多重処理デバッグを想定して作っていない