チラシの裏

落書き帳兼メモ帳 雑多なゴミを処理する場所

このブログについて

そもそもこのブログは何の為に作ったのか

元々は小学生の落書きを掲載する場所でした
ただとある件を境に落書き帳からアイデアのメモ帳になっています

今はイラストはどこで見れるの?

Twitterのほうで何か描いたら掲載する事が多いのでしばらくはそっちで見てください
このブログに掲載するのは私生活が一段落してからでしょう

このブログに書いてあるコンテンツについて

基本的にはこのブログのURLかTwitterの該当URLを掲載するのであれば無償の目的に限り使用は自由です
二次制作については無償の目的に限り自由にどうぞ 三次制作・四次制作については…どうしよう 一応フリーにはしとく

このブログで頻繁に出てくるMMInfって何よ

MMInfとは自分が作りたいゲームのロックマンインフィニティ(ROCKMAN Infinity)の略
ロックマンなのにMMが出てくる理由としては英語版タイトルがそのままMega Man Infinityとなり、英語圏の略称の形式を用いてMMInfになってる
別にMMIでも伝わる事は伝わるだろうけどMM1とかとややこしいからInfにしてる
本ブログ内の用法としては広義の意味ではMMInf世界全体の事を指し、狭義の意味ではMMInfのゲームそのものを指す
ただ時代軸の拡張でMMInfの前の時代となる"K"もMMInf世界に入る*1から基本的には広義の意味で使う事のほうが多い

MMInf計画について

ここで書いてたほうがいい気がするので
MMInf計画自体は二次創作は自由です むしろ開発に人手が欲しいくらい
アナザーストーリーだったり設定を借りただけの別作品だったりしても基本的には文句を言わないと思います
MMInfが完成したら多分オープンソースで改変自由な形で公開すると思います

何か思いついたら追記する

*1:"K"の後の世界の派生の1つがMMInfのつもり

◆忍殺◆オリジナルニンジャ「インビジブル」について◆創作◆

今まで忍殺の創作でオリジナルニンジャ考えてた人居るのか知らんが思いついたので

最近ふとニンジャスレイヤーが読みたくなってWiki見ながら読んでたらオリジナルニンジャの設定思いついた

プロフィール

  • 本名はショーヘイ・ヤマオカ
  • ニンジャクランはカクレ・ニンジャクラン
    • ウミノ・スドとは関わらずに独自の活動をしている
  • 活動地域は主にオオサカ
  • 容姿は所謂陰キャめいていてニンジャと思われる事がほとんど無い
    • ニンジャ装束を纏う能力も無いため普段着のまま活動している
  • ユニーク・ジツの関係で1日10時間近く寝ている 寝ないと頭が爆発四散するほど痛くなるとか
  • 仕事としては主にアンタイセイ的ニュースの記者として活動している
    • その仕事に後述するユニーク・ジツをフル活用している
  • ジツ・カラテ比率は10:0 実際カラテはモータルの中でも中の下という絶望的な弱さ サンシタニンジャ相手にも負けるレベル
    • そのため基本ジツを使って逃げる事ばかりしている
  • 所属してるニュース会社以外にもコシニズムという団体に所属している(後述)
  • インビジブル自体もIRCコトダマ空間を認識出来るが、間にサイバーエルフというプログラムを挟まないと認識出来ない
    • そのためタイピング速度はかなり遅め
    • IRCコトダマ空間にログインした時のハンドルネームはCYBERELFになる
    • サイバーエルフ自体はコシニテスの一部メンバーが開発したプログラムで素でIRCコトダマ空間が認識出来ないコシニテスの一部が使っている
続きを読む

MMInf世界におけるEMPの扱いについて

対機械用兵器と言えばEMPが挙げられる訳だが

現実とかSFでよく対機械用兵器としてEMPがあるけどMMInf時空では"K"とMMInfでは異なる理由でEMPの導入を見送られている

"K"の時代の場合

"K"の場合は指揮系統が全員人間であり、纏っているアーマーがパワードスーツと洗脳装置の両方を兼ねておりEMPで無効化した場合中の人に対する損傷が大きくなると予想されるため使われていない
また、この時期で既に非殺傷兵器が機械頼りのためEMPを起動すると警察・自衛隊が使う非殺傷兵器も無力化されてしまうといったデメリットも存在する
更にステージ自体が商用施設などの復旧作業が長期化すると損害が大きくなる場所ばかりなので作戦全体でEMPの採用を見送られている

MMInfの場合

MMInfの場合は機械兵が敵軍の9割以上を占めているためEMPが有効かと思われるが、人間じゃ戦闘力的に敵わないため警察・自衛隊共に戦闘用ロボットを戦場に投入している
更にEMPからの自動復帰機構がM.W.C.の技術で戦闘用ロボット全般に(製品化一歩手前の物だが)組み込まれているのでEMPを起動したところで時間が経てばEMPの効果が無くなるので投入したところで敵軍を無力化出来ないどころかEMPの起動コストのほうが機械兵の導入コストを上回るため投入を見送られている
また、M.W.C.の技術で改造されたD.A.N.は試験的な技術とはいえアンチEMP機構が組み込まれている(フレームでEMPの電磁波を吸収する構造)ため指揮系統を無力化出来ない事が判明している
このアンチEMP機構はM.W.C.の特許であり、警察・自衛隊が導入している機械兵はほぼ全て三菱ロボティクス*1製であるためこの機構を採用出来ない

また、共通の理由として通信設備が無力化されるため作戦の展開に支障が出るといった理由もある

以上の理由により、作中でEMPが用いられない理由を正当化するスタンスで行く

*1:三菱重工業のロボット開発事業が独立した企業 三菱財閥の傘下企業で国内最大手のロボットメーカー

架空言語「C7」について

架空言語と言ってもプログラム言語の訳だが

  • 作中世界で多用されている(というよりデファクト・スタンダードになってる)プログラム言語がC7(シーセブンス 英:C-Seventh、非公式でC-7th表記もあり)という物
  • 直接のルーツとしてはC#Javaをルーツに持つプログラム言語
    • 文法はC#の物がベースになっており、そこにJava譲りの移植性の高さが合わさって作中の汎用言語と化してる
    • 一部文法等はQ#の影響を受けている
  • 名前の由来はC#を音楽用語として捉え、C#を上回る表現としてセブンスコードがあったため
    • その影響か、メインストリームをCM7(シー・メージャー・セブン)、組み込み機向けなど特殊な用途にカスタムされた物をCm7(シー・マイナー・セブン)と呼ぶ事がある
  • 作中世界ではGNU/Linuxに並ぶ程の規模を持つオープンソースプロジェクトの1つ
  • 移植性も高く、量子CPU全てに対応している他、古い物だと(Legacy Linuxというレガシーシステムに特化した専用のOSの搭載が前提だが)x86(但し動作するのはPentium以降限定)でも稼働する事が出来る*1
  • コンパイラが優秀で、ヘッダに記述する設定次第では殆どの命令を英語以外の物に変更出来るというなでしこじみた事も可能
    • 学校教育においてはこの点が評価され、プログラムの教育で使われている(国の教育方針にそういう事が書いてる)
    • 新しく追加された命令も随時翻訳されているため、基本的にはほぼ全てが各言語に翻訳されている
  • 元々は量子CPUで動くC言語系統のプログラム言語を開発するといった点からスタートした
    • 開発初期からC#をベースにするといった点は決まっていた
    • C7プロジェクト自体が始動したのはIBMなどの量子コンピュータを開発した企業がPC向けに量子CPUを出した直後くらいから(それ以前は現実世界と同じQCL辺りが使われていた)
    • 量子CPUの対応がメインだが、旧世代のCPU(現実の非量子コンピュータで使われるCPUの事を指す)もサポートしている
  • 作中世界で作られているロボットで用いられる言語は大抵これ

思いついたらまた追記する

*1:作中世界では一部除いてx64ですら使われていない程 x64の次の世代のCPUが量子CPUという設定

Κοιμηθείτε ήσυχα, μέρος της ψυχής μου.

内容的にBlaze of LifeとかSorrowとか聞いて思いついた訳ではないが内容的に被る

 生きとし生けるものは皆Blaze of Life命の炎を宿している。その程度は違うが、生きている限りは例外なく燃え続けている。例え動物であろうと植物であろうと。しかし神が定めた摂理により、いつかこの炎は消える事が予め決まっている。それが早かれ遅かれ自分の身にもその時が訪れるのだ。

 ――しかし昨日はその"消える日"であった。目の前で静かに揺れていた炎は目の前で消えたのだ。
 いつか来ると分かっていたが、未だにこの現状を理解出来ない。頭が受け入れようとしない。先程まで生きていたのだ。だが今となってはただの亡骸になってしまった。あの時を境に。
 今は部屋の片隅で静かに眠るように居る。いつ目覚めてもおかしくないが、今後一切目覚める事は無い。

 最期に命の炎が消える時はたくさんの炎の中で静かに消えていった。自分の命の炎でもう一度灯したかったが、それも到底叶わない。一度消えた灯火は再び灯る事は無いのだ。
 まるで最期は最後まで燃えていた蝋燭のように静かに炎が消えていった。握った手はもはや冷たさを覚え、意識が混濁としていたのか、呼びかけにも応じなかった。ただ静かに眠ってゆっくりと、浅い呼吸をしていた。
 そして時間が経過していくごとに呼吸感覚が長くなり、午後3時半頃についに呼吸が止まった。脈も希薄になっていき、ついに止まった。一つの灯火が消えたのだ。

 仏教の教えで生病老死と愛別離苦という教えがある*1が、これは人間として生きる以上切っても離せない関係である。人は生まれ、病み、老い、そして死ぬ。釈尊はこれら全てが苦しみの原因であるとし、また愛するモノ*2があるからこそ失うのが辛いという事を説いた。人間は誰しも何かを愛し、それを失う事を恐れる。2000年以上前に説かれた説法だが、今のこの時代も変わらない教えであり、未来永劫変わらない真実でもある。永遠など最初から無いのだ。
 今回実際に失い苦しむ事になったが、釈尊の教えを知っていたからこそ多少は立ち直れる。苦しみの原因が分かっているからこそ対処は出来るのであろう。

 しかしこの記憶はいつしか風で砂が飛ばされるように消えていくであろう。また1つ大切な物が無くなった部屋からは記憶がまた1つ消えていく。いつしか全てを思い出せなくなる時が来るのであろう。
 だがこの忘却に抗うためにこの文章を書いている。膨大なネットの海は時が過ぎるごとに消え失せていく記憶を留める役割を果たすであろう。

 そして最期にかけた言葉が"Κοιμηθείτε ήσυχα, μέρος της ψυχής μου.我が魂の一部よ、安らかに眠れ"である。いつかこの癒えぬ傷跡が塞がる事を信じて――

*1:正確には四苦八苦の中の一部

*2:ここでは人以外にも物やペットなども含む

Children will grow up when they come out of a dream.

この記事はTwitterで垂れ流した物の記事になります。

youtu.be
この曲の"Children will grow up when they come out of a dream."(夢から覚めた子供たちから大人になっていく)ってフレーズ聞いて唐突に思いついたので突発糞ポエムをまた垂れ流す

 時折大人になりきれてない大人が居るが、自分もその一人である。自分の場合は幼い頃の幻影に囚われ続けてそのまま成長してしまったタイプだと推定出来る。自分の幻影の正体は恐らく貧困が生み出した魔物であろう。そうして生まれた子供みたいな大人は何かが欠如してる事が言える。現に自分がそうだ。自分の場合はある種の倫理観が欠如しているという自覚がある。
 ただ変えようと思ってもそう簡単に変わらないのが現状だ。そして同時に相反する物に板挟みにされている。子供のままで居たい事と大人になりたいという2つや、安定したままで居たい事と変化を欲している事などがある。
 話を少し戻す。"子供たちが大人になっていく"というフレーズがあるが、自分にはそれがやや当てはまらず、子供の人格が生み出した布切れを纏ってそのまま大人になっている。故に無責任で残虐な一面が残っている。現にこういった文章を書くのは子供の人格が未だに消えずに残っているからであろう。未だに厨二病を拗らせた作品を作るのは、創作においてはいい事なんだろうが、社会生活を送る上で少々弊害となる。常人はその部分を抑えて生活するのだが、自分の場合はその部分が欠如していると思われるため、そういった部分で問題を起こす事がある。
 ここまで書いたが、この苦しみから抜け出すにはまた別の苦しみが必要なのか?これからも死ぬまでこの悩みと付き合う事になるだろう。

Straight ahead

本編

 いつしか俺の心は闇で覆われていた。正体は知れてるが、自分ではもはやどうしようもない程度の物だった。自我があるからこそ辛く、自我があるからこそ必要な物だった。精神はもはや肉体という牢獄から抜け出して、ただひたすら遠くに行きたがっていた。肉体はそれに従い、ただ夜の街を駆け抜けていった。
 ただ抜け出したい、それもこの苦しみから。だが、この苦しみから抜け出したところで二度と苦しみに遭遇しないなんて誰が言ったのか?この先も苦しみがある事は最初から分かりきった事だ。一つ逃げ出したところで何も解決しない。社会はここから逃げ出した者を拒む。周りも逃げ出した者に対し攻撃する。為す術もなくただ立っている事しか出来ない者は苦しむだけだ。
 相反する感情が俺を蝕む。生きていたく、死にたい。笑っていたく、泣いていたい。何処かへ行きたく、何処にも行きたくない。自分を守りたく、自分の血を見たい。穢れた感情が思考回路を徐々に占領する。

 気づいたら俺はただひたすら遠くまで行こうと自転車を走らせていた。何も考えず、感情も無く、ただひたすら漕いでいた。真夜中の街は孤独で騒々しい。何も考えずに走るのにはちょうどいいのだ。自分を傷つけていたつもりが、精神が赴くがままに遠くへ来ていた。声も発さず、自分への怒りをも忘れて。ふと我に返ると自分を傷つけるので、これで良かったのだろう。自転車は精神に応じ、静かに、素早く動いていた。
 いつしかかなり遠い場所まで来ていた。ふと時計を見るとかなりの時間が経っていた。今後の事もあり戻る事にしたが、時間が許せばもっと遠くに行きたかった。ただ長く、静かに伸びている道路はまるで俺に走れと呼びかけているようだった。しかしこれ以上進むと戻れないような気もしていた。だが、道路は俺にこう問いかけているようだった。What's ahead straight ahead?真っ直ぐその先には何があるのか?と。その答えは今は知る余地も無いだろう。

 いつかこの答えを知る時が来るのだろうが、その時までに夢は絶望に変わり果ててない事を願って――

書いた意味とか

詳細は伏せるが取り返しのつかない事になったのでその辛さを忘れるために夜中に唐突に飛び出して遠くまで自転車で走ってた
家で暴れているのは流石に迷惑になるので何もかも忘れるためにひたすら動く必要があった
正直苦しいから一瞬死が頭の中をよぎった程 死んだほうがマシなのか?
MMInfがあるからただ生きてるが多分アレが無かったら死んでる
Straight aheadってタイトルは走ってる最中にこの曲が頭の中で流れてたから
Straight ahead自体は「真っ直ぐその先に」って意味なのは以前訳したからそこから今の心境っぽく仕上げただけ

せめて"K"くらいは死ぬまでに完成しないかな…