チラシの裏

落書き帳兼メモ帳 雑多なゴミを処理する場所

このブログについて

そもそもこのブログは何の為に作ったのか

元々は小学生の落書きを掲載する場所でした
ただとある件を境に落書き帳からアイデアのメモ帳になっています

今はイラストはどこで見れるの?

Twitterのほうで何か描いたら掲載する事が多いのでしばらくはそっちで見てください
このブログに掲載するのは私生活が一段落してからでしょう

このブログに書いてあるコンテンツについて

基本的にはこのブログのURLかTwitterの該当URLを掲載するのであれば無償の目的に限り使用は自由です
二次制作については無償の目的に限り自由にどうぞ 三次制作・四次制作については…どうしよう 一応フリーにはしとく

このブログで頻繁に出てくるMMInfって何よ

MMInfとは自分が作りたいゲームのロックマンインフィニティ(ROCKMAN Infinity)の略
ロックマンなのにMMが出てくる理由としては英語版タイトルがそのままMega Man Infinityとなり、英語圏の略称の形式を用いてMMInfになってる
別にMMIでも伝わる事は伝わるだろうけどMM1とかとややこしいからInfにしてる
本ブログ内の用法としては広義の意味ではMMInf世界全体の事を指し、狭義の意味ではMMInfのゲームそのものを指す
ただ時代軸の拡張でMMInfの前の時代となる"K"もMMInf世界に入る*1から基本的には広義の意味で使う事のほうが多い
コンセプト自体は「好き勝手やる」なので結構カオスな事になってる

MMInf計画について

ここで書いてたほうがいい気がするので
MMInf計画自体は二次創作は自由です むしろ開発に人手が欲しいくらい
アナザーストーリーだったり設定を借りただけの別作品だったりしても基本的には文句を言わないと思います
MMInfが完成したら多分オープンソースで改変自由な形で公開すると思います

何か思いついたら追記する

*1:"K"の後の世界の派生の1つがMMInfのつもり

葬儀代わりのレビュー:LASMEX C45

葬儀代わりにレビューするとかいうどう考えても訳分からん記事を書く

ここ数日右の音が鳴らない事があってケーブルが姪になった*1と思ってたらなんと本体が死んだ事が発覚。その時のショックがあまりにも大きかったため、葬儀とか追悼に近いノリで本記事を書く事にした。
使用期間は2018/8/3-2022/9/20の4年ちょいであるため、(多分)長持ちしたほうだろう。
一応後継のヘッドホンとして、ワンーキョー(VANKYO) C750を購入しているが、発音の違いなどから未だにこっちを使う気になれてないのが現状である。

という事で4年使って実際に思った事を素人視点から色々書いていこうと思う。

  • 葬儀代わりにレビューするとかいうどう考えても訳分からん記事を書く
  • 大まかな仕様
  • 使って感じた長所
  • 使って感じた短所
  • 一言で分かるレビュー結果
  • 耐久性について

*1:恒心語録で死ぬ・壊れるなどの意味を持つ

続きを読む

MMInf世界におけるロボット周りの法律について

SFと言えばロボットとの共存がある訳だが

MMInf世界もガッツリSFしているため、ロボットに対する法的制約が必要となっている
なんで今のとこ考えているMMInf時空のロボットに対する法律をある程度考えてみた

法律例

  • 高度なAIを持つ*1ロボットは国に所有者情報を登録しなければならない
  • 所有するロボットが問題を起こした場合、無命令なら所有者が、有命令なら命令者が責任を負わなければならない
  • ロボットが命令を受ける時には必ずログを残さなければならない
  • 所有者の居ないロボットは行政処分の対象となり、不要になった場合は所有者が処分するか所有権の変更をしなければならない
  • 所有者は個人でも法人でも問題ない
  • 人に限りなく近いロボットは頭部にアンドロイドである事を識別する装置を装着しなければならない
    • NFC端末などで読み込む事で所有者情報、モデル番号などが出てくる
    • 明らかにロボットと分かる見た目の物は例外措置として搭載しなくてもよい
    • 搭載位置は指定されていないが、事実上頭部に搭載する事になっている 一番多いのはこめかみ部分


思いついたら追記する

*1:この場合高度なAIの基準はチューリングテストを受けるに価する物 正確な定義は考えてない

【治った】多分コロナになったので経過をゆるい感じで書く

私ねもう、もうホントにもうパーン☆┗(^o^)┛ってなりましたね、頭が。

いやマジで俺が感染するとは思ってなかったわ 診断出てないけど
とりあえずゆる~い感じ(というよりいつものノリ)で書く事にするわ 幸い症状はかなり軽いし

  • 私ねもう、もうホントにもうパーン☆┗(^o^)┛ってなりましたね、頭が。
  • 症状
    • 調べた感じ主要症状っぽいの
    • あんまり関係なさそうなの
  • ざっくりと経過レポート
    • 1日目
    • 2日目
    • 3日目
    • 4日目
    • 5日目
    • 6日目
続きを読む

MMInfキャラ設定メモ(桜)

(設定画は後日掲載予定)

プロフィール

  • デザインはいつもの擬人化リーフィア
  • フルネームは松本 桜
    • 松本姓で予想出来る通り龍次の妹
    • 龍次とは2つ年下の関係
  • "K"の時代の人なのでMMInfの時代では既に死んでいる
  • 作中ではサイバーエルフ化によって復活している
    • 作中では秘書プログラムのサイバーエルフとして照宮で活躍している事が多い
  • 本来戦闘が出来るサイバーエルフではないのだが、鳳がカスタマイズした事によりデータ上での戦闘はある程度出来るようになった
    • 武器はリーフブレードと飛竜刀【桜花】、補助武器として鞭とはっぱカッターを使う(基本的に鞭はほとんど使わない)
  • 作中でフレームに入る時は見た目をそれっぽくした汎用フレームに入る事を好む
    • 逆にセクサロイドベースのフレームに入る事を嫌う
    • 戦闘用にチューニングされたフレームは性的機能が無かったら入る

設定

  • 生涯処女だったので子孫は居ない
    • ただ胸だけは経験済(龍次の完全たる趣味)
  • やや男性が苦手な傾向がある(ほど酷くはないが)
  • こう見えても実は大卒(生物理工専攻)*1
  • フレームとサイバーエルフの見た目は大卒直後の物
  • スタイルは俺自身の趣味も含めていい感じの身体


他に何か思いついたりしたら追記する

*1:学歴の詳細な設定は考えてない

MMInfにロックマンのキャラを出す時のメモ

優先度は低いがいつの日かやってみたい事

MMInf自体はオリジナル要素がそこそこ強い作品であるが、ロックマンの名を冠する以上ロックマンのキャラも出す事を検討している。
本メモでは実際に実装するならどういう仕様にするかを大まかにメモしておく

実装予定のキャラ

ロックマン

https://static.wikia.nocookie.net/megaman/images/3/30/MM11-MegaMan.png
From ロックマン
MMinfの中で動かす場合は壁蹴りが無いので実際にロックマンを使う場合は一部のステージを改修する必要がある。(ロックマンだけ別のステージデータを読み込む事を前提とした作りにしなければならない)
一応その他の仕様に関してはロックマン6準拠だが、現状ダブルギアを実装するかは決まっていない。
特殊武器に関しては遠距離がメインとなる。
デザインはロックマン11準拠。
ゲームシステムのベースはインフィニティ。

エックス

https://static.wikia.nocookie.net/megaman/images/4/4f/About-main-x08-chara.png
From ロックマンX
歴代ロックマンのキャラの中で一番システム周りの改変が少なくて済むキャラとなる予定。
収集アイテムとしてライフアップかサブタンクとアーマーがある。現状X3のようにチップを入手するとアーマーの機能が強化されるかどうかという設定は未定。
特殊武器はロックマンと同じく遠距離メインだが、アームパーツを入手した後は特殊武器のチャージが可能となる。
デザインはX8準拠。アーマーデザインは未定。
ゲームシステムのベースはインフィニティ。

ゼロ

https://static.wikia.nocookie.net/megaman/images/4/43/MMZ_Zero.png
From ロックマンゼロ
Xゼロではなくこっちのゼロを起用。操作性をほぼそのまま移植出来る。(壁蹴り周りの仕様は全員ゼロベース)
収集アイテムは現状サブタンク、ライフアップ辺りを想定。
属性周りはエグゼ・流星仕様がベースのため炎・水・電気・木の4つになる。
パキーン用にセイバーの攻撃全部にソード系統を付けるかは要検討。
デザインはゼロ4準拠。
システム的には"K"のカナチのデータを流用出来そう。
ゲームシステムのベースはインフィニティとカナチ。

グレイ

https://static.wikia.nocookie.net/megaman/images/6/67/GreyModelA.png
From ロックマンZXA
ZX組で敵の能力をコピーする事が出来るという事でトランスオンが出来るグレイをチョイス。
別にヴァン・エールを出してもいいけどその場合モデルPXを木属性にしないといけないためちょっと保留。
ナンバーズは別にフォルスロイドではないのだが、モデルAの力でナンバーズに変身する事が出来る。
ゲームシステムのベースはインフィニティ。

ロック・ヴォルナット

https://static.wikia.nocookie.net/megaman/images/7/7d/MMLVolnutt_dash2.png
From ロックマンDASH
ゲームシステム的にはイレハンのVAVAモードを改良した物とDASHがベース。
特殊武器のゲージに関しては使い切りか自動回復かはまだ悩んでる。現状の案だと後者。
DASHはまだ遊んでないのでそのうちやってシステムをどうするか確定させる。
コイツのためだけにゼロ4っぽいアイテム合成を実装するかはまだ考えてない。
壁蹴り周りは未定。
デザインはDASH2準拠。
ゲームシステムのベースはリーパー。

ロックマン.EXE

https://static.wikia.nocookie.net/megaman/images/9/9f/EXEOSSMegaManEXE.png
From ロックマンエグゼ
基本的な仕様はほぼネクサス。やってる事はほぼトランスミッションを拡張した物。WSよりトランスミッション寄り。
ベースがエグゼ6のため、クロスと獣化が存在する。
エグゼ側の時代としては6が終わった後を想定しており、獣化のためにロックマンから取り除かれた電脳獣のデータをベースにチューニングした物を搭載しているという設定。
クロスビーストの存在しないほうのデザインとしては骨狩人版をベースにする。
獣化した際の必殺技の扱いについてはまだ未定。現状は流星のNFBみたいな物にするかも?
クロスを使った状態でカウンターを取るとランダムでフォルダの中のチップを1枚追加する(流星のカウンターと同仕様)にするかも
デザインはエグゼ6準拠。
ゲームシステムのベースはネクサス。

S.S.ロックマン

https://static.wikia.nocookie.net/megaman/images/b/ba/Image_8~0.png
From 流星のロックマン
基本的な仕様はロックマン.EXEとほぼ共用。獣化がファイナライズに置き換わるとかその程度。
ベースが流星3のため、強化形態はノイズチェンジとファイナライズ。4系統で使うノイズはまだ未定。もしかしたらカーソル系統とブレイク系統*1はデザインするかも?
時代的には流星3終了(OSSを間に置くかは未定)のため、ヨイリー博士が開発したという設定のノイズドプログラムで擬似的にノイズチェンジとファイナライズをする。仕様はエグゼ6のクロスと獣化にかなり近い。
アクション周りはロックマン.EXEがロックマンでスバルがエックスみたいな感じになる*2かも?
デザインは流星3準拠。
ゲームシステムのベースはネクサス。

*1:ソード系統:ウルフ、風系統:キグナスを予定

*2:エアダッシュが使えるとか

メモ:MMInf開発における覚書

なんでこんな記事を唐突に書いたのかというと

この記事を見てちょっとMMInfのやりたい事的に色々とやべー部分が存在するので、そこら辺の対策とやらを考えてた
dri-cro-6663.jp

MMInfの開発でやらないといけない事

  • リソースパック方式にする
    Minecraftから影響を受けたやり方
    ゲーム本体が内包するファイルは基本的に最小限のデータのみとなる これによりモデルとかの準備を外部に委託する事が出来るようになり、なおかつMOD文化を推奨する事にもつながる 理由は察する、それはできるよね。
    ちなみにリソースパック自体の記事はまだ書きかけだけど下書きが存在する
    https://i.imgur.com/cB38xXS.png
  • ゲーム本体の配布をT orネット―ワーク上で行う
    一応念の為本体の配布を対策としてT orを使う事にする リソースパック自体は俺から配布する事は無い あとGitHubくんはT orを弾くうん項*1なので多分GitLab辺りを使うかも? GitLabでT orが使えるのは飴戦争の時に確認されてるし
  • 開発日誌は別サイトを使う
    個人的にHeliohost辺りの鯖借りてそこにWordpressか何かを導入しようかって思ってる ただHeliohostの鯖は今は借りれないから別のレン鯖使うかも XREAは日本の電話番号要求されるから論外 金を潤沢に使えるってならPrivexを使ってもいいんだろうけど他のとこに金を回したい
  • 仮にファイルを公開する時はTailsWhonixを使う
    TBBと違って少々面倒だが安全で確実 これのためだけにVeracryptを導入するかは要検討 容量的にはUSBフラッシュメモリで足りる気がするからそれごと暗号化すればどうにか…? 仮に導入するなら三重暗号化も検討する
  • T orネット―ワークから新しいGoogle垢を追加で1つ取得する
    これに関しては普段Whonixで使ってる垢を取得した時と同じ手法で取得すればいいからタイミングさえ合えば問題無し
  • T orネット―ワークから新しいニコニコ垢を取得する
    これに関してはつべより敷居低いからすぐ作れる T orのIPを隠蔽するだけで簡単に取れる(経験済)
  • iOS/iPadOS用は開発しない
    iOS・iPadOSは外部ファイルへのアクセスが厳しいらしいのでリソースパック方式を使えないため開発対象から除外する 仮に作るとしたら脱獄前提になる
  • Wikiの管理もT orでやる
    使うWiki@WIKI辺りを想定してある ただ@WIKI自体T orのIPだとアクセス拒否をするようになったため要VPN
  • ツイッタハァに開発日誌を載せない
    今の絵垢は生IPで運用しているため 一応T orで垢作ろうと思えばタイミングさえ合えば出来るけどわざわざそのためだけにWhonixとかを起動するのもなぁ…
  • どっかのタイミングでVPNを契約する
    基本はT orで事足りるけど念の為 ExplessVPNを契約しようかとか考えてたけどKapeに買収されたから悩んでる 一番有力なのはPerfect Privacy

他に思いついたりしたら追記する

*1:実際にT orから垢作った事あるけど即ブロックされた